トップセールスマンの心得

会社の代表として社会を飛び回る営業マンたち。
その心得は常識的である必要があります。
この常識とはあくまでも社会的常識であり個人の偏ったものではいけません。
トップセールスマンの心得を見ていきましょう。

トップセールスマンの心得記事一覧

営業マンとは商品を売るためにお客様を説得するのが仕事です。お客様を買う気にさせるにはまず自分に対して好印象を持ってもらうことです。「感じのいい人だな」「話しやすそうだな」「この人だったら信頼できそう...」とお客様に思ってもらう事が安心感を与えるからです。営業マンの身だしなみの基本として「不快感・不...

印象は意外とはっきりと人の脳の中に刻み込まれます。第一印象であまり良くない印象を与えてしまうと次回に挽回することがかなり大変になります。第一印象とは「感じのいい人だな」「信頼できそうな感じ」といった大まかな程度の印象ですが後々まで尾を引く重要なものなので良い印象を残すことは大切なことです。消費者から...

あいさつには沢山の種類があります。「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」から始まって名刺交換のときのあいさつ、初対面の人と会った時、訪問先を出るときなどです。これらはみんな同じように挨拶すれば良いとは限りません。例えば名刺交換では軽い挨拶のほうがいいし、初対面の人と会うときは深々と頭を下...

電話営業というとあまり良いイメージがありません。そもそも電話は一方的にこちらの迷惑も考えずにかかってくるのがその大きな要因でしょう。顔が見えないことも不安のひとつです。そして相手は電話の中の営業マンの声や対応の仕方でその後ろの会社のイメージまで作ってしまいます。個人宅への電話と企業への電話では多少の...

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!