販売・接客・営業に役立つ資格

営業に必要な資格は
どんな業種の営業かによって様々です。

 

販売・接客・営業のスキルを学ぶ資格として
「販売士」の検定があります。
顧客ニーズの捉え方に始まり、
それを駆使したお客様への的確な商品の提供、
仕入れ、販売、物流、商品開発に至るまでを
理解するための検定です。
販売士検定1級から3級に分けられています。

 

次に補佐的な要素を持つ資格ですが
今の営業に必要なものと考えられるもの。

 

お客様の気持ちを思いやり
心のこもった営業が出来るように、
そしてクレームに対して
適切な対処ができるような勉強をする
「ホスピタリティ検定資格」があります。

 

その他には家電関係の仕事に必要な
「家電製品エンジニア」「家電製品アドバイザー」、

 

宝石関係の業種に必要な「宝石鑑定士」
「ジュエリーコーディネーター」

 

不動産関係の業種に必要な
「宅地建物取引主任者」「建築士」「施工管理士」、
住宅関係の業種にもやはり同じような資格が必要です。
「インテリアコーディネーター」「キチンスペシャリスト」などの
インテリアに関する資格もあると強いですね。

 

福祉住環境コーディネーターも
介護リフォームの現場では必要な資格。

 

自分の仕事を続ける上で
スキルアップを狙う意味でも
チャレンジして取得するのが
資格ではないでしょうか。

 

名刺に資格名が並ぶことは
お客様からの信頼も増して、自分の自信にもつながります。

 

ただ、資格取得には費用がかかるものです。
民間の資格などは定期的に更新が必要なものもあり、
その都度更新料を払わなければならず
やみくもに取得したら
更新代がかなりの負担になるとの声もあります。

 

必要なものをピックアップして
仕事に生かしていくことが大切ですね。

 

 

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!