広告営業

広告営業の仕事がどんなものか
よく分からない人も多いと思います。
簡単に言えば雑誌などに載せる広告を取って来る仕事です。

 

自社の雑誌の特徴をアピールしながら
発行部数や掲載企業などを紹介して
その雑誌に広告を載せるメリットを話します。

 

お客側は広告費用を出してアピールするための
よりよい条件を模索しますから
ただ掲載するという形以外にも、
特集記事の提案や広告のデザインなどについても
話をしながらお客様に提案、
クロージングをする必要があります。

 

雑誌の中でもどこにどんな形で掲載されるかで
注目度が変わったりしませんか?
広告によって爆発的なヒットになった商品があったり、
お客様が倍増した飲食店などは沢山あるのです。

 

それだけ影響力のあるお仕事と言えるでしょう。
どちらかというと商品力と言うよりは
提案力が試される業界

 

つまり
「商品を売り込むというよりはクライアントの成功を叶える視点を持つこと」
だと思うのです。
クライアントの満足と成功
ビジネスとしての成功と言うわけです。

 

私が毎月購入するタウン誌があります。
ターゲットは半径50キロ圏内の
飲食店やイベントに興味がある購読者です。

 

毎月の定番のコーナーの他に、
特集を組んだページがあり月毎に特徴をだしています。

 

雑誌の場合ターゲットを絞り込むことで
それぞれの特徴や記事を決めていきます。

 

男性に読んで欲しいのか、
女性に読んで欲しいのか、
年齢層は何歳くらいなのか。

 

それによって広告を載せる店も変わってくるはずです。
女性ならば「雑貨」や「カフェ」
「服飾店」「美容関係」「ダイエット企業関係」
などが効果的です。

 

年齢層でも変わりますね。
このように自分の頭の中でプロデュースしながら
営業をしていく必要があるのです。

 

 

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!