不動産

不動産業界には沢山の専門分野があります。
大まかに挙げてみましょう。

 

●新築マンションの分譲:マンションを企画・設計・施工・販売・管理をする部門
●不動産仲介:他人、他社の所有する不動産を仲介する部門
●賃貸系仲介:賃貸マンション、アパートの仲介、
 最近は賃貸フランチャイズ系の会社もあります。

 

大きくこのように分かれますが
それぞれに仕事の内容が違ってきます。

 

不動産業界で働くには
「宅地建物取引主任者」の国家資格が必要と言われますが、
仕事を始めるにあたって
営業所に一人の有資格者が居れば良いので
必ずしも全員が必要ではありません。

 

その他に不動産鑑定士、一級建築士、二級建築士、
木造建築士、司法書士などの資格もあればいいでしょう。
資格を取ることで給料が上がることもあるし、
知識も豊富になり
お客様の信頼も増していきます。

 

営業のスタイルとしてはチラシ配りや、
モデルハウスでのイベントに来たお客様に対してのフォロー
賃貸物件を探しに来たお客様のフォローなどがほとんどです。

 

一緒に物件を見て回って契約まで勧めたり
入居後のアフターフォローをしたり

 

イベント後にお客様宅に訪問、
クロージングをして契約を頂いてから
その後の長いお付き合いへと続きます。

 

商品が高額であること、資産、財産に関わることなので
その責任は重大であり、
簡単には契約に結びつかないことも多い業界です。

 

まず初めに営業マンの印象が大切とされ、
好感が持てることが第一条件です。
その上で不動産関係の幅広い知識や
人生設計に関するアドバイス
そしてご近所での話しや情報などの
地域のコミュニケーション的な情報も持っている事が武器になります。

 

社会人としての常識や知恵、
信頼感が特に必要とされます。

 

資金の融資やアフター保証、メンテナンスなども
お客様にとっては気になるところ。
不動産は納得できないと簡単に買えるものではありません。

 

 

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!