自動車販売

自動車販売は主に代替販売になります。
お客様が新しい車に乗り換えるために
今の車を下取りにして
同じ販売店で購入するということです。

 

もちろん紹介やイベントの集客からの契約による
新規販売もあります。

 

代替販売の場合、
売れ行きは確率の問題となります。
どれだけ車を売ったかで次に買い換えてくれる
お客様の数が決まるのです。

 

母数を増やしていかないと
数字も上がらないということです。

 

携帯電話やゲーム機などのように
全くの新商品であれば早く多く売った者勝ちと言えますが
代替商品の場合は販売後に
お客様をどれだけフォローできるかで
次の販売量が確立されるのです。

 

例えば100人の人が
最初の車検時である3年で車を新車に買い替えるとしたら、
年間33.3人が新車に買い換えることになります。

 

これを元に販売計画を立てるのですが
この時あなたの会社の顧客数が60人しか居ないとすると
確率的には年間20人しか売れないことになります。

 

逆に考えて年間100人に売りたいならば
顧客数を最低300人にしなければ目標は達成できません。

 

常に名刺交換などを心がけて
声をかける人たちを増やしていきましょう。
とりかかりの部分を作らない事には何も変わらないばかりか
顧客数は減少するでしょう。

 

自動車販売の営業と言うと
大変なイメージがありますが
やはり地道な活動とこつこつと顧客を広げていくことが
基本的な活動ですね。

 

これは私が欲しいサービスだなと思うことは
営業マンが保険のことに詳しいと
便利ではないかと言うことです。

 

車を購入したら必ず加入するのが保険。
強制保険の他に任意保険があります。
最近は様々なサービスがついた保険商品が多くあって
本当に必要なものが何かがわからなくなっていると思います。

 

全部カバーできるものが良いのは分かりますが
保険料が高くなりますから
そこはシビアに内容を見て行きたいところ。

 

そんなときにちょとした
アドバイスをしてくれる営業マンが居たらありがたいことです。

 

 

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!