コミュニケーション力

コミュニケーションとは一体なんでしょか。
「お互いの論理と感情を伝えあい理解し合うこと」
私が思うにはそんなところかなと思います。

 

相手の考えを聞いて
それに対する自分の考えを伝える、
そして相手の気持ちを理解して
その時の自分の気持ちを相手に伝える。
これがコミュニケーション力だと思います。

 

この力があるのとないのとでは
営業の場面では大きな差が出てきます。

 

例えば、こちらの意見ばかりを
一方的に話せばどうなるでしょうか。

 

いくらそれが間違いでなく
素晴らしいことだとしても
言われた方としてはお仕着せがましく、
うるさく感じるでしょう。
人によっては反発するかもしれません。

 

もうひとつ、
論理ばかりを伝え合っても
ギスギスしたものになります。

 

話の筋道が通って、とても良いように思いますが
なんとなく納得できないといった経験はありませんか?

 

論理的な会話というのは
白か黒かをはっきりさせるような討論の場にはいいのですが
普段の会話にはあまり適していません。

 

家族の間や友達の間で
白か黒か勝ち負けをはっきりさせるような会話をしていたら
寒々としたものになってしまいます。

 

もちろん感情だけに流されて行くのも
うまくは行きません。
「今日は仕事をする気にならないから休むわ」
なんてこと、仕事の上では通用しませんよね。

 

論理と感情のバランスをうまく取ることが大切なのです。
営業の場面でもそのバランスを絶妙に取りながら
話を進めていく必要があるのです。

 

お客様の中には
論理的に行くほうが信用を持ってくれる人、
分かりやすくていいと思う人、

 

反対にそれが固苦しいと好まない人、
冷たいと感じる人、
感情的に行くほうが温かみがあって
信頼感があるという人など様々です。

 

どうコミュニケーションをとるかは
あなた自身が見極めるしかないのです。

 

 

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!