企画力

企画力発想力は少し違います。
発想力とはいろいろなアイディアを出せる能力のこと。

 

対して企画力とは問題点を抜きだして、
それを解決するための具体的なプランを出せる能力です。
物事の全体像を見る能力と
勘やひらめきが求められます。

 

営業という仕事の中では
この企画力が大変重要になります。

 

例えば、
会社の売り上げを伸ばすために
改善しなければいけない点を抜き出して、
それを解決するためには
何をしたらいいのかといったプランが出せる。

 

自社の商品が消費者に受け入れられるためには
何が足りないのかを抜き出して
その解決策を出す。

 

世の中の人たちが便利になるためには何が必要か、
そのためには何をするべきかを考えて対策が出せる。

 

これらが出来るか出来ないかでは
営業マンとして大きく違ってきます。
上司から言われたことだけをやっているようでは足りないのです。

 

例えば、部署ごとに企画をする訓練をしたらどうでしょうか。
定期的に自分たちで仕事の問題点を抜きだして
その解決策を考えるのです。

 

「なぜ、残業が解消しないのか」
「仕事の流れに問題点はないのか」
「普段疑問に思うことはないのか」
などを抜き出して発表の場を作り議論することは、
自分たちの育成にもなるのだと思います。

 

一般的に企画をする場合、
はじめの発想にプラスして
ビジネス的要素・経営機能についての知識、
それを立案していくという経験が必要になります。

 

これは実践しなければ身につかないものなので
失敗しても沢山経験することが大切です
発想力と企画力を兼ね備えた営業マンならば
何も怖いものはありませんね。

 

 

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!