企業の中の営業

会社の名前と商品を背負って闘う営業マン。
その仕事のやり方はそれぞれに違います。

 

控えめなやり方の人、
少々強引だけど人間的に信頼されている人、
とにかく自分の会社の商品に惚れ込んでいる人
その形は様々です。

 

商談が決まるか決まらないかのポイントは、
ずばり営業マンそのものにあると言ってもいいでしょう。
もちろん、相手にとってはその商品も重要なのですが
それを持ってきた営業マンとの関係はもっと重要なのです。

 

例えばお店に何か買いに行った時などに
担当の人の感じが良いと購買意欲が高まりませんか?
感じの悪い担当だと商品は気にいっても
悩んだりした経験はあるはずです。

 

人に対するイメージの重要性を考えて
企業も優秀な営業マンを揃えることに力を注いでいます。
優秀な営業マンとはどんな人かと言うと、
ずばりコミュニケーション作りが上手な人です。

 

それをベースにして
●まめに訪問している人
●要望には確実に正確に迅速に対応している人
この点が重視されるでしょう。

 

企業の顔として他の企業に出入りする時には、
まめに通う事が大切です。
個人のお客様でも同じことです。
顔を覚えてもらわないことには何も始まらないからです。

 

ただ黙って座っているよりも
社会情勢について話たりくだらないことでも話が弾むように
その時々の話題には一通り精通しておくこと、
親しみやすく話上手よりも聞き上手と言うくらいに
少し控えめにすること。

 

そして、一旦仕事の話しになれば
確実に受け答えが出来て迅速に対応してくれる
と言った人が優秀な営業マンだと思っています。

 

毎日毎日を第一線で活躍している営業マンたちは、
それぞれのカラーで企業のイメージを守り勝負をしているのです。

 

 

もうノルマ達成で悩まない! トップセールス術が限定公開!

企業の中の営業関連ページ

販売
ツール
提案
企画力
新規開拓
顧客対策